月掛金2,000円で保障内容は充実 県民共済があなたにピッタリ! 月掛金2,000円で保障内容は充実 県民共済があなたにピッタリ!

たとえば たとえば

あなたやあなたのご家庭に、こんなお悩みはありませんか? あなたやあなたのご家庭に、こんなお悩みはありませんか?

貯蓄も必要、安心も備えたい! 払いすぎはいやだなぁ! 親子それぞれの安心がほしい! 貯蓄も必要、安心も備えたい! 払いすぎはいやだなぁ! 親子それぞれの安心がほしい!

そんなあなたに県民共済がピッタリという理由があります! そんなあなたに県民共済がピッタリという理由があります!

広島県在住のある夫婦の会話を聞けば
それがわかります。

保障内容が手厚いのに掛金はお手頃!?

1世帯あたりの平均保険料は月3万円超!県民共済なら月掛金合計6,000円 ※夫婦+子ども1人で下記の場合 日本の1世帯あたりの年間保険料は平均で38万2,000円、月約3万2,000円と言われています。(平成30年度、生命保険文化センター調べ)30年の契約で1,146万円。高級車が買えます。県民共済は、ご加入者の助けあいを目的とした非営利の保障事業ですから、利益を目的としていません。そのため、小さな掛金で安心の保障を実現できます。 1世帯あたりの平均保険料は月3万円超!県民共済なら月掛金合計6,000円 ※夫婦+子ども1人で下記の場合 日本の1世帯あたりの年間保険料は平均で38万2,000円、月約3万2,000円と言われています。(平成30年度、生命保険文化センター調べ)30年の契約で1,146万円。高級車が買えます。県民共済は、ご加入者の助けあいを目的とした非営利の保障事業ですから、利益を目的としていません。そのため、小さな掛金で安心の保障を実現できます。
ご加入の一例 パパ/総合保障2型(月掛金2,000円)+医療1型特約(月掛金1,000円)= 月掛金合計3,000円 ママ/入院保障2型(月掛金2,000円)=月掛金2,000円 お子様/こども1型(月掛金1,000円)=月掛金1,000円 この掛金で家族全員のケガや病気に備えられるんだね! ご加入の一例 パパ/総合保障2型(月掛金2,000円)+医療1型特約(月掛金1,000円)= 月掛金合計3,000円 ママ/入院保障2型(月掛金2,000円)=月掛金2,000円 お子様/こども1型(月掛金1,000円)=月掛金1,000円 この掛金で家族全員のケガや病気に備えられるんだね!

県民共済の安心保障 県民共済の安心保障 ニーズで選べる基本コース

入院も死亡もバランスの良い保障

総合保障2型月掛金2,000

お申し込みは満18歳~満64歳の健康な方

保障期間 18歳〜60歳 60歳〜65歳 入院 事故1日目から184日目まで 1日当たり5,000円 1日当たり5,000円 病気1日目から124日目まで1日当たり4,500円 1日当たり4,500円  通院事故14日以上90日まで 通院当初から1日当たり1,500円 通院当初から1日当たり1,500円 後遺障害 交通事故  1級660万円~13級26.4万円 1級500万円~13級20万円 不慮の事故(交通事故をのぞく) 1級400万円~13級16万円 1級300万円~13級12万円 死亡・重度障害 交通事故 1,000万円 700万円 不慮の事故(交通事故をのぞく)800万円 530万円 病気400万円 230万円 保障期間 18歳〜60歳 60歳〜65歳 入院 事故1日目から184日目まで 1日当たり5,000円 1日当たり5,000円 病気1日目から124日目まで1日当たり4,500円 1日当たり4,500円  通院事故14日以上90日まで 通院当初から1日当たり1,500円 通院当初から1日当たり1,500円 後遺障害 交通事故  1級660万円~13級26.4万円 1級500万円~13級20万円 不慮の事故(交通事故をのぞく) 1級400万円~13級16万円 1級300万円~13級12万円 死亡・重度障害 交通事故 1,000万円 700万円 不慮の事故(交通事故をのぞく)800万円 530万円 病気400万円 230万円
  • 保障表の項目にある『事故』とは交通事故・不慮の事故をいいます。
  • すべての病気による入院・死亡・重度障害が保障の対象となります。
  • 同一の支払事由について、後遺障害、重度障害、死亡は重複して共済金をお支払いできません。「後遺障害」の共済金のお支払い後、これと同一の事故により死亡または重度障害となり共済金が支払われる場合は、既にお支払い済みの後遺障害の共済金を差し引いた金額をお支払いします。
  • 入・退院が同日(日帰り入院)の場合には入院1日とし、入院料の支払いの有無・患者を収容する施設の有無などにより判断します。
  • 重度障害の範囲および手術の支払基準は当組合の定めによります。一部お支払いの対象とならない手術があります。
  • 「先進医療」とは厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合し、届出が受理された病院または診療所において行われるものに限ります)をいいます。「先進医療」の共済金は、当組合の定めにより支払限度額の範囲内でお支払いします。
  • こども型の「がん診断」の共済金は、初回掛金をいただいた日の翌日から90日を経過した翌日以降、医師からがんと診断確定された場合に対象となります。
  • こども型の「犯罪被害死亡」の共済金は、死亡・重度障害共済金に加えてお支払いします。
  • こども型の「第三者への損害賠償」の共済金には、通算支払限度額があり、同一のお子様につき1型は300万円まで、2型は600万円までとなります。
    ここでいう「第三者」には同居する親族は含まれません。なお、他保険等にも加入されている場合は、保険金などの合計額が賠償責任額となるよう調整します。

医療費の備えを重視した保障

入院保障2型月掛金2,000

お申し込みは満18歳~満64歳の健康な方

保障期間 18歳〜60歳 60歳〜65歳 入院 事故1日目から184日目まで 1日当たり10,000円 1日当たり7,500円 病気1日目から124日目まで 1日当たり10,000円 1日当たり7,500円  通院事故14日以上90日まで  通院当初から1日当たり1,500円 通院当初から1日当たり1,500円 手術(当組合の定める手術) 2.5万円・5万円・10万円  1万円・2万円・4万円 先進医療(当組合の基準による) 1万円~150万円 1万円~75万円 死亡・重度障害 交通事故 10万円 5万円 不慮の事故(交通事故をのぞく)10万円 5万円 病気 10万円 5万円 保障期間 18歳〜60歳 60歳〜65歳 入院 事故1日目から184日目まで 1日当たり10,000円 1日当たり7,500円 病気1日目から124日目まで 1日当たり10,000円 1日当たり7,500円  通院事故14日以上90日まで  通院当初から1日当たり1,500円 通院当初から1日当たり1,500円 手術(当組合の定める手術) 2.5万円・5万円・10万円  1万円・2万円・4万円 先進医療(当組合の基準による) 1万円~150万円 1万円~75万円 死亡・重度障害 交通事故 10万円 5万円 不慮の事故(交通事故をのぞく)10万円 5万円 病気 10万円 5万円
  • 保障表の項目にある『事故』とは交通事故・不慮の事故をいいます。
  • すべての病気による入院・死亡・重度障害が保障の対象となります。
  • 同一の支払事由について、後遺障害、重度障害、死亡は重複して共済金をお支払いできません。「後遺障害」の共済金のお支払い後、これと同一の事故により死亡または重度障害となり共済金が支払われる場合は、既にお支払い済みの後遺障害の共済金を差し引いた金額をお支払いします。
  • 入・退院が同日(日帰り入院)の場合には入院1日とし、入院料の支払いの有無・患者を収容する施設の有無などにより判断します。
  • 重度障害の範囲および手術の支払基準は当組合の定めによります。一部お支払いの対象とならない手術があります。
  • 「先進医療」とは厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合し、届出が受理された病院または診療所において行われるものに限ります)をいいます。「先進医療」の共済金は、当組合の定めにより支払限度額の範囲内でお支払いします。
  • こども型の「がん診断」の共済金は、初回掛金をいただいた日の翌日から90日を経過した翌日以降、医師からがんと診断確定された場合に対象となります。
  • こども型の「犯罪被害死亡」の共済金は、死亡・重度障害共済金に加えてお支払いします。
  • こども型の「第三者への損害賠償」の共済金には、通算支払限度額があり、同一のお子様につき1型は300万円まで、2型は600万円までとなります。
    ここでいう「第三者」には同居する親族は含まれません。なお、他保険等にも加入されている場合は、保険金などの合計額が賠償責任額となるよう調整します。

公的保障などと併用するという考え方

日本には公的保障があるわよ! だから高額な医療費がかかったときや死亡時には給付を受けられるの。もしも医療費が月に100万円かかった場合 公的制度で自己負担額は約9万円 日本には公的保障があるわよ! だから高額な医療費がかかったときや死亡時には給付を受けられるの。もしも医療費が月に100万円かかった場合 公的制度で自己負担額は約9万円

医療費の自己負担額には上限がある 医療費の自己負担額には上限がある

1ヵ月の医療費は、収入と年齢に応じて限度額が定められています。 1ヵ月の医療費は、収入と年齢に応じて限度額が定められています。

1ヵ月の自己負担限度額(70歳未満の場合)所得要件 年収約1,160万円〜健保・・・標準報酬月額83万円以上 国保・・・旧ただし書き所得901万円超 1ヵ月の自己負担限度額 25万2,600円医療費が84万2,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算(4月目から14万100円) 年収約770万円〜約1,160万円健保・・・標準報酬月額53万円~79万円 国保・・・旧ただし書き所得600万円~901万円 16万7,400円医療費が55万8,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算(4月目から9万3,000円) 年収約370万円〜約770万円健保・・・標準報酬月額28万円~50万円 国保・・・旧ただし書き所得210万円~600万円 8万100円医療費が26万7,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算(4月目から4万4,400円) 年収約370万円以下健保・・・標準報酬月額26万円以下 国保・・・旧ただし書き所得210万円以下5万7,600円(4月目から4万4,400円) 住民税非課税世帯3万5,400円(4月目から2万4,600円) 1ヵ月の自己負担限度額(70歳未満の場合)所得要件 年収約1,160万円〜健保・・・標準報酬月額83万円以上 国保・・・旧ただし書き所得901万円超 1ヵ月の自己負担限度額 25万2,600円医療費が84万2,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算(4月目から14万100円) 年収約770万円〜約1,160万円健保・・・標準報酬月額53万円~79万円 国保・・・旧ただし書き所得600万円~901万円 16万7,400円医療費が55万8,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算(4月目から9万3,000円) 年収約370万円〜約770万円健保・・・標準報酬月額28万円~50万円 国保・・・旧ただし書き所得210万円~600万円 8万100円医療費が26万7,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算(4月目から4万4,400円) 年収約370万円以下健保・・・標準報酬月額26万円以下 国保・・・旧ただし書き所得210万円以下5万7,600円(4月目から4万4,400円) 住民税非課税世帯3万5,400円(4月目から2万4,600円)
Aさん:40歳・年収600万円 手術で1週間入院 医療費が総額100万円かかった場合/Aさんの支払総額 9万7,090円 Aさん:40歳・年収600万円 手術で1週間入院 医療費が総額100万円かかった場合/Aさんの支払総額 9万7,090円

国民年金や厚生年金で、遺族に保障金が支払われる 国民年金や厚生年金で、遺族に保障金が支払われる

公的な年金制度の中に、遺された家族に支払われるお金があります。 公的な年金制度の中に、遺された家族に支払われるお金があります。

遺族基礎年金 国民年金に加入している人が死亡した時に、その遺族(配偶者または子ども)に支給される年金。18歳未満の子どもがいる場合、子どもが18歳になるまで受け取ることができます。支給額 基本額:78万1,700円 + 子1人につき22万4,900円(3人目以降7万5,000円)/年 遺族厚生年金 厚生年金に加入していた会社員の人が死亡した時に支給される年金。子どもがいない場合でも同額受け取れます。支給額 基本額:老齢厚生年金額×300/(加入月数)×3/4 遺族基礎年金 国民年金に加入している人が死亡した時に、その遺族(配偶者または子ども)に支給される年金。18歳未満の子どもがいる場合、子どもが18歳になるまで受け取ることができます。支給額 基本額:78万1,700円 + 子1人につき22万4,900円(3人目以降7万5,000円)/年 遺族厚生年金 厚生年金に加入していた会社員の人が死亡した時に支給される年金。子どもがいない場合でも同額受け取れます。支給額 基本額:老齢厚生年金額×300/(加入月数)×3/4
例:会社員Bさん(妻と子3人(18歳未満)・厚生年金額30万円、加入期間(120ヶ月)の遺族年金 遺族基礎年金130万6,500円/年+遺族厚生年金56万2,500円/年=合計給付額186万9,000円/年 例:会社員Bさん(妻と子3人(18歳未満)・厚生年金額30万円、加入期間(120ヶ月)の遺族年金 遺族基礎年金130万6,500円/年+遺族厚生年金56万2,500円/年=合計給付額186万9,000円/年
公的保障との併用を試算すれば、本当に必要な保障かわかるんだね! 公的保障との併用を試算すれば、本当に必要な保障かわかるんだね!

選べる保障で親子のリスクに備えられる!

さらに手厚く医療保障も+1,000円から追加 基本コースにプラスできる特約で、医療保障がより手厚くなります。それぞれのリスクに合わせてお選びください。 さらに手厚く医療保障も+1,000円から追加 基本コースにプラスできる特約で、医療保障がより手厚くなります。それぞれのリスクに合わせてお選びください。

基本コースの「総合保障型」「入院保障型」に月々1000円をプラスしてさらに大きな安心を! 基本コースの「総合保障型」「入院保障型」に月々1000円をプラスしてさらに大きな安心を!

医療1型特約 医療1型特約

月掛金1,000円 月掛金1,000円

5つの安心 ケガ・病気の入院に入院一時金、手術の保障もついて安心、先進医療にも対応、退院後の在宅療養に共済金、疾病障害(病気が原因の障害)に共済金 5つの安心 ケガ・病気の入院に入院一時金、手術の保障もついて安心、先進医療にも対応、退院後の在宅療養に共済金、疾病障害(病気が原因の障害)に共済金

保障内容 入院一時金(1回の入院につき) 18歳〜60歳20,000円 60歳〜65歳20,000円 手術(当組合の定める手術)18歳〜60歳5万円・10万円・20万円 60歳〜65歳3万円・6万円・12万円 先進医療(*1)(当組合の基準による)18歳〜60歳1万円~150万円 60歳〜65歳1万円~100万円 在宅療養(入院を20日以上継続し退院したとき) 18歳〜60歳40,000円 60歳〜65歳40,000円 疾病障害(所定の状態に該当した場合) 18歳〜60歳100万円 60歳〜65歳100万円 保障内容 入院一時金(1回の入院につき) 18歳〜60歳20,000円 60歳〜65歳20,000円 手術(当組合の定める手術)18歳〜60歳5万円・10万円・20万円 60歳〜65歳3万円・6万円・12万円 先進医療(*1)(当組合の基準による)18歳〜60歳1万円~150万円 60歳〜65歳1万円~100万円 在宅療養(入院を20日以上継続し退院したとき) 18歳〜60歳40,000円 60歳〜65歳40,000円 疾病障害(所定の状態に該当した場合) 18歳〜60歳100万円 60歳〜65歳100万円

*1:先進医療を保障の対象とする基本コースにご加入の方は、基本コースの支払限度額を超えた場合に医療特約の「先進医療」の共済金のお支払いの対象となります。
疾病障害の範囲および手術の支払基準は当組合の定めによります。一部お支払いの対象とならない手術があります。
「先進医療」とは厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合し、届出が受理された病院または診療所において行われるものに限ります)をいいます。「先進医療」の共済金は、当組合の定めにより支払限度額の範囲内でお支払いします。

ほかにもこんな特約コースがあります! ほかにもこんな特約コースがあります!

新がん特約-死亡原因の割合が一番高いがんに備えます。月々 +1,000円〜/新三大疾病特約-がん・心筋こうそく・脳卒中を手厚くカバーします。月々 +1,200円〜/長期医療特約-重度障害や長期入院および手術を保障する特約です。月々 +500円〜(※特約コースのみではお申し込みいただけません。) 新がん特約-死亡原因の割合が一番高いがんに備えます。月々 +1,000円〜/新三大疾病特約-がん・心筋こうそく・脳卒中を手厚くカバーします。月々 +1,200円〜/長期医療特約-重度障害や長期入院および手術を保障する特約です。月々 +500円〜(※特約コースのみではお申し込みいただけません。)

お子さまには、こども型で安心を!こどもを取り巻くケガや病気だけでなく第三者への損害賠償も保障しているんだね! お子さまには、こども型で安心を!こどもを取り巻くケガや病気だけでなく第三者への損害賠償も保障しているんだね!

こども1型 こども1型

月掛金1,000円 月掛金1,000円

お申し込みは0歳~満17歳の健康なお子様 お申し込みは0歳~満17歳の健康なお子様

保障内容 0歳〜18歳 入院 事故1日目から360日目まで1日当たり5,000円 病気1日目から360日目まで1日当たり5,000円 通院 事故1日目から90日目まで1日当たり2,000円 がん診断50万円 手術(当組合の定める手術)2万円・5万円・10万円・20万円 先進医療(当組合の基準による)1万円~150万円 後遺障害 交通事故 1級300万円~13級12万円 不慮の事故(交通事故をのぞく)1級200万円~13級8万円 死亡・重度障害 交通事故500万円 不慮の事故(交通事故をのぞく)400万円 病気200万円 重度障害割増(年金払い、最高で10回のお支払い)1回につき50万円 犯罪被害死亡(ひき逃げ事故等)(重度障害を含む)200万円 契約者の死亡 交通事故・不慮の事故(重度障害を含む)500万円 病気(加入・変更後1年未満はのぞく)50万円 第三者への損害賠償(1,000円は自己負担)1事故につき支払限度 100万円 保障内容 0歳〜18歳 入院 事故1日目から360日目まで1日当たり5,000円 病気1日目から360日目まで1日当たり5,000円 通院 事故1日目から90日目まで1日当たり2,000円 がん診断50万円 手術(当組合の定める手術)2万円・5万円・10万円・20万円 先進医療(当組合の基準による)1万円~150万円 後遺障害 交通事故 1級300万円~13級12万円 不慮の事故(交通事故をのぞく)1級200万円~13級8万円 死亡・重度障害 交通事故500万円 不慮の事故(交通事故をのぞく)400万円 病気200万円 重度障害割増(年金払い、最高で10回のお支払い)1回につき50万円 犯罪被害死亡(ひき逃げ事故等)(重度障害を含む)200万円 契約者の死亡 交通事故・不慮の事故(重度障害を含む)500万円 病気(加入・変更後1年未満はのぞく)50万円 第三者への損害賠償(1,000円は自己負担)1事故につき支払限度 100万円
  • 保障表の項目にある『事故』とは交通事故・不慮の事故をいいます。
  • すべての病気による入院・死亡・重度障害が保障の対象となります。
  • 同一の支払事由について、後遺障害、重度障害、死亡は重複して共済金をお支払いできません。「後遺障害」の共済金のお支払い後、これと同一の事故により死亡または重度障害となり共済金が支払われる場合は、既にお支払い済みの後遺障害の共済金を差し引いた金額をお支払いします。
  • 入・退院が同日(日帰り入院)の場合には入院1日とし、入院料の支払いの有無・患者を収容する施設の有無などにより判断します。
  • 重度障害の範囲および手術の支払基準は当組合の定めによります。一部お支払いの対象とならない手術があります。
  • 「先進医療」とは厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合し、届出が受理された病院または診療所において行われるものに限ります)をいいます。「先進医療」の共済金は、当組合の定めにより支払限度額の範囲内でお支払いします。
  • こども型の「がん診断」の共済金は、初回掛金をいただいた日の翌日から90日を経過した翌日以降、医師からがんと診断確定された場合に対象となります。
  • こども型の「犯罪被害死亡」の共済金は、死亡・重度障害共済金に加えてお支払いします。
  • こども型の「第三者への損害賠償」の共済金には、通算支払限度額があり、同一のお子様につき1型は300万円まで、2型は600万円までとなります。
    ここでいう「第三者」には同居する親族は含まれません。なお、他保険等にも加入されている場合は、保険金などの合計額が賠償責任額となるよう調整します。

リスクに合わせた保障でムダなく家族みんなが安心だね! リスクに合わせた保障でムダなく家族みんなが安心だね!

割戻金で掛金負担が軽くなる! 割戻金で掛金負担が軽くなる!

県民共済は営利目的ではなく、
ご加入者を第一に考えた助けあいの事業です。
共済金のお支払いを最優先し、決算後、剰余金が生じたときは
「割戻金」としてご加入者にお戻ししています。

令和元年度 割戻金実績

こども2型 割戻率は、払込掛金の21.14% 年間払込掛金24,000円(月掛金2,000円)の場合 割戻金は、5,073円 こども2型 割戻率は、払込掛金の21.14% 年間払込掛金24,000円(月掛金2,000円)の場合 割戻金は、5,073円
総合保障2型 割戻率は、払込掛金の31.87% 年間払込掛金24,000円(月掛金2,000円)の場合 割戻金は、7,648円 総合保障2型 割戻率は、払込掛金の31.87%年間払込掛金24,000円(月掛金2,000円)の場合円 割戻金は、7,648円

(3月31日現在のご加入者を対象に、8月に掛金振替口座へお振り込みいたします)
※割戻率は、共済金のお支払い等による剰余金の増減で変動します。
※割戻金の中から一定割合を財務基盤の強化を図るため、総代会決議により、出資金に振替ることをお願いしています(こども型は除く)。ただし、毎事業年度の割戻率の状況等により振替を行わない場合があります。なお、組合を脱退するときは、出資金返還手続きをおとりいただきます。